水琴窟(すいきんくつ)

平成の水琴窟(すいきんくつ)

耳を澄ますと、弦をはじくような可憐な響きが耳の奥にしみ込み、聴く人の心を優しくしてくれます。
水琴窟の由来は、小堀遠州が考案した排水装置「洞水門」といわれています。 後に江戸期の庭師が、「すいきんくつ」の名で、音を楽しむために各地に作られました。